2019年08月17日

NIKENとの出会い

カタナが好きでした。
高校時代に「ケルンの衝撃」をリアルタイムで経験、当時は中免しかなく、お金も無くて乗れませんでしたが、ずっと憧れの的でした。バリバリ伝説も郡より秀吉を推し、キリンにもハマり、今でも大好きなバイクです。
そんな私がバイクに乗らなくなって約20年、ふと目にとまった新型カタナ発表の記事。「おぉ〜! カタナ復活するんだ。」と思いながら、久しぶりバイク雑誌を手にとってパラパラとページをめくっているうち、とある写真に目が釘付けに。「ん? フロントフォークが2本ついてる。何これ?」
それがNIKENとの初遭遇でした。それは真横からの写真で、ぱっと見、前二輪であることがわからず、80年代に流行った16インチフロントホイールのロードスポーツを彷彿とさせるシルエットに、何故かフロントフォークが2本(実際は4本なんですが)ついた近未来的なバイク、という印象でした。
その後すぐに、前二輪であることを知り、LMWのコンセプトを知り、さらにはバイク乗りの平均年齢が50歳を超えている世情を知り、「リターンライダー」という言葉を知り、インジェクション、ABS、トラクションコントロール等々の近年のバイクの進化を知り・・・と、キャプテン・マーベルが自分が何者なのかを思い出すが如く(ちょっと違うか)、自分の中で忘れていた「何か」のピースが埋まっていくのを感じました。
そして・・・
色々、ほんとに色々、よく考えた結果、戻ってくることにしました。いわゆる「こちら側」に。
 ・
 ・
 ・
今日で、NIKENを発注してちょうど3ヶ月。未だ納車日は不明。
これからのバイク人生の再スタートに向けて、用品を揃えたり、キリンを読み直したり、放置プレイしていたHPやブログを整備したりしながら、NIKENに会えるその日を待ちわびています。
posted by でっぷー at 06:38| Comment(0) | バイク