2020年07月12日

30年前の記憶を辿るツーリング

今週末は、クラブのツーリング予定だったんだけど、木曜日の時点で土日の降水確率が高かったので中止。
でも、毎度ながら、言ってることが日々どんどん変わる天気予報。念の為、早起きしてみたら、何とか雨は降らなそうな気配なので、思い切って出かけることにしました。また緊急事態宣言が出て、いつ他県への移動自粛になるかもわからないし。
行先は、直前まであまり考えていなかったので、30年前にバイク雑誌を見て気に入って何度か行った、関越沼田ICから草津経由、志賀高原に抜けるルートの記憶をたどることにしてみました。

・・・って、行けば思い出すだろうと思って、あまり確認せずにナビまかせで行ったら、明らかに当時通った峠とは違う道。とりあえず、あがつま峡という道の駅があったので、そこでお昼に。
IMG_2727.JPG

道の駅あがつま峡は、温泉や足湯が併設されていて、時間があればゆっくりしたい感じではありましたが、とりあえず食事だけ。せっかくたから土地のものを食べたかったのですが、どこでも食べられるようなメニューばかりで、その中から、この辺でとれたニジマスを使ったソースカツ丼にしてみました。
IMG_2726.JPG

食事をしながら、昔通ったはずの峠はどこだったか調べたら、暮坂峠、という峠であることがわかり、せっかくなので、ちょっと戻って通ってみることにしました。
遠くの空は雲がいっぱいのところもあるけど、とりあえずこれから向かう峠の方向は快晴です。
IMG_2728.JPG

暮坂峠は結構くねくねで、道もちょっと荒れてはいましたが、30年前のままで懐かしさが蘇ってきました。それにしても、道が悪くて所々濡れていたり枯れ葉が落ちていたりしても、安心して走れるのはNIKENの大きな利点です。普通の二輪だとなかなかこうはいかないと思います。
ずっと走りっぱなしだったので暮坂峠の写真は無しで、そのまま草津に到着。草津スキー場の前です。
草津の空は、残念ながら曇り空。なんとなく小雨が降ってきそうな感じ。
IMG_2729.JPG

本当は、このあと白根山経由で横手山山頂に行って壮大なパノラマを見たいところでしたが、山の上は雲の中で明らかに雨も降っていそうなので、あきらめて、温泉まんじゅうを購入して帰途につくことに。
後ろの標識の左手方向が本来の目的の方向なんですが、もう全然山が見えません (T_T)
IMG_2730.JPG

メッシュジャケットだと肌寒いと思ったら、草津の気温は19度でした。その後、軽井沢を抜けて上信越道で帰りましたが、軽井沢も涼しくて18度。さすが避暑地。
途中、横川SAに寄って、群馬名物「やきまんじゅう」のみそダレがかかった「みそソフト」を食べました。
IMG_2732.JPG

その後は、夕飯に釜めしを買って帰りました。幸い、雨には遭わずにツーリングを終えることができました。
IMG_2733.JPG

一週挟んで、再来週の4連休の前半は、クラブ加入後初のお泊りツーリングの予定ですが・・・
梅雨は明けているかな。コロナの状況はどうなっているかな。心配です。
さらにその先、10月に延期されたSSTRは無事に開催されるのだろうか・・・
posted by でっぷー at 23:29| Comment(0) | バイク