2021年08月25日

北海道・東北ツーリング(4日目)

4日目の朝。とうとう本格的な雨に見舞われました。まぁ、週間天気予報を見て一週間雨を覚悟していたので、昨日一昨日と晴れたこと自体が奇跡だったかも。
朝食をとっているとフェリーの時間に間に合わないので、今回の宿泊は朝食なしプランです。
IMG_4137.JPG

レインウェアを着込んでフェリー乗り場に到着。スマートチェックインは便利でした。
IMG_4138.JPG

函館山は雲の中。ハートは関係ないけどね。
IMG_4140.JPG

ちょっと時間があったので、白い恋人ソフトを賞味。
IMG_4141.JPG

バイクの乗車台数は5台のようです。
IMG_4143.JPG

カモメ。残念ながら餌は持ってないよ。
IMG_4144.JPG

エンジンガードでガッチリ固定されました。
IMG_4145.JPG

函館山と函館の街並みを横目に出航です。大間までは約1時間半の船旅。
IMG_4147.JPG

函館山も見えなくなってきました。北海道よ、さようなら。またいつか、機会があれば。
IMG_4148.JPG

こんな感じの航路で、大間まで一直線に向かいます。
IMG_4149.JPG

大間の港が見えてきました。晴れ間は望めそうにないです。
IMG_4150.JPG

道路は乾きかけていましたが、このあとすぐに雨が降ってきました。
IMG_4152.JPG

さて、ちょうどお昼ご飯の時間。大間と言えばマグロ、というわけで、港周辺をうろちょろして見つけたこの店に入ることにしました。
IMG_4153.JPG

まぐろづくし丼。大トロ、中トロ、赤身のそろい踏み。美味しかったです。
IMG_4155.jpg

今日の宿泊地は恐山。大間から直接向かうと早く着き過ぎてしまうので、下北半島をぐるっと回るコースで向かうことにしました。まぁ、そもそも最短ルートはがけ崩れで通行止めになってたみたいですが。
IMG_4156.JPG

海沿いの道から、少し山側に入ると、クネクネの細い道が続きます。ナビで事前にルート検討したときに想像してたのとはかなり違う道でした。途中、猿がたくさんいました。
IMG_4157.PNG

ちょっとだけ雲が切れて雨も小降りに。
IMG_4158.JPG

ここはちょっと駐車スペースがありますが、基本的には後ろに見えるくらいの道幅の峠道です。雨で落ち葉もたくさん落ちていて、もし二輪だったらちょっと怖い感じ。
IMG_4159.JPG

大きめのパーキングスペースがあったので停まってみました。
IMG_4160.JPG

こんなところです。
IMG_4161.PNG

ここからは仏ヶ浦という海辺の奇岩地帯が望めます。もう少し下調べしていたら立ち寄ったのですが、途中、あの下まで下りることのできる道をスルーしてしまいました。ちょっと勿体なかったな。
IMG_4162.JPG

数少ない休憩スペースがあるたび停まってみましたが、雲で何も見えません。
IMG_4164.JPG

基本的に山の中なので、選択できるルートも限られているようで、半島内の移動は何かと大変そうです。
IMG_4165.JPG

そんな中、走行距離20,000qに到達。こんな雨中の山道で迎えるとは思いませんでした。
IMG_4166.JPG

相変わらずなんも見えません。
IMG_4167.JPG

孤独な雨中の山道走行がやっと終わり、人里に下りてきました。「道の駅 わきのさわ」にて休憩。
IMG_4168.JPG

恒例のソフトクリームタイム。ボケちゃいました。
IMG_4170.JPG

そんなこんなでだいぶ走りましたが、やっと本日の目的地、恐山に到着。硫黄のにおいが漂っています。
IMG_4171.JPG

恐山の宿坊、吉祥閣。
IMG_4174.JPG

バイクは軒下に停めさせていただきました。奥のカブは和尚さんのだそうです。
IMG_4175.JPG

ここは宿泊施設ですが、ホテルではありません。TVもありません。この広い部屋を独り占め。
IMG_4178.JPG

この布団の敷き方は、北枕だそうです。
IMG_4179.JPG

洗面所。
IMG_4180.JPG

トイレはウォシュレット無し。
IMG_4181.JPG

窓からは大浴場が見えます。
IMG_4182.JPG

夕飯まで時間があるので、付近を散策。立派な山門です。
IMG_4183.JPG

山門をくぐると、右に一つ、左に二つの温泉が。18時までは、一般のお客さんも入りに来るようですが、18時を過ぎると宿坊の宿泊者だけしか利用できなくなるので、夜に来てみたいと思います。
IMG_4184.JPG

この辺が地獄のイメージなわけですね。賽の河原のようにところどころに石が積んであります。
IMG_4187.JPG

一方、向こうに見える湖の白砂の浜は、極楽浜というそうです。
IMG_4186.JPG

無間地獄。
IMG_4189.JPG

小高い丘の上にも仏像が。延命地蔵尊というそうです。
IMG_4191.JPG

六地蔵。
IMG_4192.JPG

夕飯は18時半から。精進料理で、お肉は一切使われていませんが、非常に美味しく、ご飯が進みます。
ちなみにお酒は飲めません。
IMG_4194.jpg

「いただきます」の前に、和尚さんと一緒にこちらの五観を唱えます。ちなみに「ごちそうさま」の時も別の言葉を唱えます。
IMG_4195.JPG

さて、食後は温泉めぐり。
大浴場の他に、全部で4カ所の温泉がありますが、うち一つは女湯なので、3カ所を回ります(男のお客さんしか居ないと、女湯も関係なく入れるみたいですが)。
まずは山門を入って右手にある男湯に。照明がないので懐中電灯を頼りに歩きます。
IMG_4198.JPG

中はこんな感じ。硫黄が強いので、顔を洗ってはいけないそうです(目に入るとまずいらしい)。
IMG_4199.JPG

続いて、大浴場の右手にある混浴風呂へ。
IMG_4206.JPG

もはや、バイオハザードとかSIRENのような絵柄ですが、実際は怖くはないです。
IMG_4201.JPG

混浴風呂は、明るいと都合が悪いせいか、内部の照明のスイッチが見当たりませんでした。フラッシュを焚いているので写真は明るく写ってますが、入浴中は懐中電灯の明かりのみが頼りです。
IMG_4204.JPG

最後は、山門を入って左側の男湯。他のお客さんが居ないのを見計らって回ったので、順番が前後してしまいました。
IMG_4209.JPG

中はこんな感じです。
IMG_4210.JPG

夜は特に娯楽もないので、早々に寝床に入りました。本日の全行程は以下の通り。総走行距離180km弱でした。
20210825.png
posted by でっぷー at 22:00| Comment(0) | バイク

2021年08月24日

北海道・東北ツーリング(3日目)

3日目の朝。雨は降ってません。
IMG_4097.JPG

夕飯は部屋食でしたが、朝食は食堂にて。
IMG_4098.JPG

今日の目的地は函館ですが、函館に行くルートは、ちょっと回り道して日本海側を通っていきます。
洞爺湖からの高速の途中で少し雨に遭いましたが、雲に覆われているのは、今走ってきた方角の山の上だけで、海岸線は大丈夫そうです。「道の駅 みなとまーれ寿都」にて。
IMG_4099.JPG

最初の立ち寄り先は、弁慶岬。なぜここに立ち寄ったかと言うと・・・
IMG_4100.JPG

・・・23年前にもここに立ち寄ったからなのでした。鉄塔が無くなった以外は、当時と変わっていませんね。
04130023.JPG

23年前は像の裏には回りませんでしたが、回ってみたら像の由来が書いてありました。
IMG_4102.JPG

これから向かう方角の天気は問題なさそうです。23年前もこのルートで道南を日本海側から回って函館に向かおうと思ったのですが、当時、海岸線のトンネルの崩落事故が続いていて道路が通行止めになっていたため、通れませんでした。23年の時を経て、あの時通れなかった道に際チャレンジしようというわけです。
IMG_4101.JPG

天気がいいので、景色の良いところに来るとついつい停まりたくなってしまいます。
IMG_4104.JPG

窓岩。同じ名前の岩が神恵内や石川県の輪島にもありましたが、それと比べるとこちらはちょっと小ぶりです。
IMG_4105.JPG

この窓を通して夕日が沈むのを見たらキレイでしょうね。
IMG_4106.JPG

「道の駅 てっくいランド大成」にて小休憩。シャワー室があるところを見ると海水浴客の利用を見込んでいるようですが、他には特になにもない小さな道の駅でした。
IMG_4109.JPG

コロナの影響はここにも及んでいました。
IMG_4108.JPG

誰もいない海水浴場。
IMG_4107.JPG

親子熊岩。海に落ちた子熊を救おうとして自らも海に落ちて溺れてしまった親熊の愛情を見た神様が、親子熊を岩に変えたのだとか。
IMG_4110.JPG

「道の駅 ルート229元和台」にてソフトクリーム休憩。ボケちゃいました。
IMG_4111.JPG

江差に差し掛かった時、帆船っぽいものが見えたので寄ってみました。何の下調べもしてませんでしたが、幕末〜明治の歴史に興味のある人には見応えのある街のようです。
IMG_4115.JPG

開陽丸。中にも入れるみたいですが、ちょっと時間が押してるので外から見るだけで我慢。
IMG_4116.JPG

「道の駅 上ノ国もんじゅ」
IMG_4119.JPG

景色がよさそうなのでちょっと止まってみたのですが・・・
IMG_4117.JPG

てっくい(ヒラメ)の説明を読んでいたら、ちょっと食べたくなってしまい、てっくい天丼を注文してしまいました。美味しかったです。
IMG_4118.JPG

その後、ひた走って松前に到着。向こうに見えるのは津軽半島かな。
IMG_4120.JPG

松前城もチラ見。桜の季節はキレイそうです。
IMG_4122.JPG

横綱千代の山・千代の富士記念館。
IMG_4123.JPG

ここは入りたい、是非入りたい、ということで、ちょっと時間が押してはいるものの入ってみました。
IMG_4124.JPG

千代の富士の初優勝の時の優勝決定戦、友達の家で手に汗握って見てたのを思い出すなぁ。
IMG_4125.JPG

4トントラック1台分のチーズと牛乳ってw
IMG_4126.JPG

ここの土俵は、実際に九重部屋の合宿などで使用されることがあるみたいです。
IMG_4127.JPG

さて、今日のお宿は、湯の川温泉ホテル万惣。ここもライダー歓迎の宿、ということで選んだのですが、屋根付き駐車場は無かったです。明日は確実に雨なのでびしょ濡れだな。
IMG_4129.JPG

部屋はこんな感じ。
IMG_4130.JPG

で、夕飯ですが、この宿のビュッフェ、最高でした。
IMG_4133.JPG

とりあえず飲み物は飲み放題で注文。
IMG_4134.JPG

食べ物が、とにかく目移りする。一つひとつが旨い、全部食べたい。
IMG_4132.JPG

飲み放題は生ビール3杯飲めば元をとれます。
IMG_4135.JPG

カレーは五島軒。お替りしちゃいました。いや、ここの夕食はほんとに良かった。大満足です。
IMG_4136.JPG

本日の全行程。走行距離は約400kmでした。
20210824.png
posted by でっぷー at 22:00| Comment(0) | バイク

2021年08月23日

北海道・東北ツーリング(2日目)


ツーリング2日目。朝の4時頃に、間もなく小樽到着の船内アナウンスが流れました。月が見えているので、とりあえず雨は大丈夫そうかな?
IMG_3995.JPG

車両フロアに戻って下船の順番を待ちます。
IMG_3996.JPG

先にトラックが下りていきます。ちなみに、今回、ハーレーは別区画に案内されていました。何でしょう、積載の都合で何かあるのかな。
IMG_3997.JPG

下船しました。ナビを合わせて、いよいよ出発です。飛行機+レンタカーでは、軽く30回以上は来ている北海道。バイクでは、実に23年ぶりの上陸です。
IMG_3998.JPG

とりあえず「道の駅石狩 あいろーど厚田」でトイレ休憩。来た方角(小樽方面)は空が明るいですが・・・
IMG_3999.JPG

これから向かう方角は分厚い雲に覆われています。大丈夫かな。ちなみに道の駅は時間が早すぎて営業開始前。しかし、気温19度、メッシュジャケットでは寒すぎて、インナーを着込みました。
IMG_4002.JPG

そして、今回のツーリングで北海道に上陸した最大の理由、BikeJINラリー帳2020ミッションコンプリートのための目的地に到着。
IMG_4004.JPG

ミッションNo.13/16「旧増毛駅」。
ちなみに、名前で想像がつく通り、一部の方々にはご利益が期待されるところ。
IMG_4005.JPG

映画「駅 STATION」の舞台にもなったとか。映画みてないので初めて知りました。
IMG_4006.JPG

駅のすぐ近くにあるこちらのお店も映画の舞台に登場したそうです。
IMG_4008.JPG

さて、増毛を後にして、次の目的地に向かって南下します。心配された雨も降る気配なく、快晴。
IMG_4010.JPG

「道の駅 田園の里うりゅう」にて休憩。
IMG_4011.JPG

お米が有名らしく、小腹も空いたので、うりゅう米入りのかまぼこを食べました。もちもち食感。
IMG_4012.JPG

石狩川を渡り・・・
IMG_4013.JPG

次の目的地、植松電機に到着。
「下町ロケット」のモデルにもなったと言われる植松電機。とあるITイベントにて、社長の植松努さんの講演を聞いて、いたく感激し、北海道に行く機会があったら寄ってみたいと思っていたのです。
IMG_4014.JPG

ここから先は無断で入っちゃいけないみたいなので、見るだけ。
IMG_4015.JPG

微小重力実験装置、コスモトーレ。57mだそうです。近隣に高い建物がまったくないので、遠くからもひと際目立ってました。
IMG_4016.JPG

さて、朝からかまぼこ1枚しか食べていないので、お昼ご飯を食べに次の目的地に向かいます。
8月中のツーリングを決意した理由のひとつでもある、8月で漁期の終わる積丹のウニを食べに行きます。
途中、札幌自動車道で、法定速度で走るパトカーのブロック渋滞に遭いながらも無事に到着。食堂うしお。
IMG_4019.JPG

今日はばふんうにの入荷があったそうで、とは言え、この値段にはさすがに気が引けてしまい・・・。
IMG_4017.jpg

普通にムラサキうにの生うに丼(大盛)を食べました。まったく雑味のない、甘味だけが口いっぱいに広がる至福の味。
IMG_4018.jpg

お店の前の海もキレイです。
IMG_4020.JPG

さて、食後の運動もかねて、せっかくなので神威岬の先端まで歩いてみることにしました。
これまで2回ほど通りかかったことはあるものの、片道20分くらいということで、ついチャレンジせずにいたものです。
女人禁制って書いてありますが、普通に女性も歩いています。
IMG_4022.JPG

岬の右側。
IMG_4023.JPG

眼下には積丹ブルーの海が広がります。
IMG_4024.JPG

岬の左側。あの先っちょまで行くわけですね。
IMG_4025.JPG

で、頑張って歩いて先っちょまで来ました。苦労して歩く甲斐のある景色が広がっています。
IMG_4027.JPG

先端にある灯台。
IMG_4029.JPG

灯台にまつわるお話が書いてありました。
IMG_4028.JPG

さて、来た道を戻りましょう。
IMG_4030.JPG

人はこの海を「積丹ブルー」と呼ぶわけですね。
IMG_4031.JPG

全行程はこんな感じ。
IMG_4032.JPG

歩き疲れたのでソフトクリームを。このソフトも積丹ブルー。
IMG_4033.JPG

神威岬を後にして、本日の宿泊地に向かいます。あの岬の先端まで歩いたわけですね。
IMG_4035.JPG

海岸線から離れて、内陸に向けて走り出すと、何やら怪しい入道雲がもくもくと。
IMG_4037.JPG

右に見える羊蹄山。道路の電光掲示板に、羊蹄山方面 雷注意の警告が出てました。
IMG_4038.JPG

後ろから迫ってくる雨雲。
IMG_4040.JPG

進行方向は青空も見えてますが、雲も広がってきてます。雲とバイクと、どっちが速いか。
IMG_4041.JPG

洞爺湖に到着。もはや全面雲に覆われてますが雨は何とかもちそうです。
IMG_4043.JPG

殆どすべてのひまわりが向こうを向いてるのに、一輪だけ真逆を向いちゃってました。
IMG_4044.JPG

本日のお宿、ゆとりろ洞爺湖。ライダー歓迎の宿、ということでネットを調べたら出てきた宿です。
屋根付き駐車場があるとのことで選びました。
IMG_4047.JPG

これで夜中に雨が降っても大丈夫。
IMG_4045.JPG

部屋はこんな感じです。湖側の部屋でよかったです。
IMG_4049.JPG

コロナ対応で部屋食。満足の量とお味でした。
IMG_4051.JPG

炊き込みご飯はコーン入り。
IMG_4052.JPG

夜の洞爺湖花火大会。湖を走る船上から打ち上げられています。シーズン中は毎日開催されているようです。
IMG_4068.JPG

コロナで数々の花火大会が中止に追い込まれる中、久しぶりに花火を見ることが出来ました。
IMG_4084.JPG

ちなみに、23年前のツーリングでも洞爺湖に泊りました。あの後、有珠山の噴火があり、湖畔の宿の様相もずいぶん変わりましたが、今も花火大会が続けられていることは感激ですね。
04120021.JPG

本日の全行程。朝早くから活動していたこともあり、500km超えました。
20210823.png

posted by でっぷー at 22:00| Comment(0) | バイク