2022年05月29日

SSTR2022(翌日)

今回はSSTRのイベントに参加できるように素泊まりプランにしたので、朝は準備が出来たらすぐにチェックアウトして千里浜に向かいます。ホテルの駐車場はものすごいバイクの数。
IMG_5434.JPG

昨年も泊まったロイヤルホテル 能登 -DAIWA ROYAL HOTEL-。キャパが大きいのでSSTRの時も比較的予約がとりやすい、というか、他がダメでもここは最後まで空きが残ってる感じ。
IMG_5435.JPG

千里浜レストハウス駐車場に到着。
IMG_5436.JPG

今年の鬼滅の刃の砂像は、炭治郎と禰豆子。
IMG_5437.JPG

SSTRカフェにて、サンライズサンドウィッチとコーヒー。
IMG_5438.JPG

イベントが始まりました。
IMG_5440.JPG

じゃんけん大会の途中で、「レストハウスがオープンするので駐車場にバイクを停めている人は砂浜への移動をご協力ください」とのアナウンスが。えー駐車場に停めてちゃいけないの? と思いつつ、素直に移動。
まぁ、バイクだらけだと一般のお客さんが入れませんからね。
IMG_5442.JPG

SSTR10周年を締めくくる、風間さんのご挨拶。ちょっとグッときてらっしゃいました。私も気力体力が続く限り参加し続けたいです。
IMG_5443.JPG

さて、SSTR2022もこれで終わりました。出発しようかな。
IMG_5444.JPG

たまたま停めた位置がちょうどよく、SSTRの砂像のハートマークの向こうにマイバイクが。
IMG_5446.JPG

それからは、本日の目的地の琵琶湖までひた走り。途中、北陸自動車道の尼御前SAでお昼休憩。
IMG_5447.JPG

推しメニューっぽかったのでエビフライカレーにしました。昨日のお昼もカレーでしたね。
IMG_5448.JPG

さて、目指したのは、BikeJINラリー帳2022のミッションNo.6/16「奥琵琶湖パークウェイ」。
SSTRをキャンセル待ちしてたけど結局参加できなかったというライダーさんに話しかけられました。
IMG_5449.JPG

そのまま宿に直行するのもまだ早すぎるので、琵琶湖周辺の定番の観光スポット、メタセコイヤ並木に来てみました。
IMG_5453.JPG

入口でしか撮影チャンスがないかな〜と思ったら、途中でも停められそうなところがあったので小休止。
IMG_5455.JPG

まったく下調べせずに来たけど、結構長い並木なんですね。木陰が涼しいです。
IMG_5456.JPG

並木を通り抜けたところにカフェらしきものがあったので駐車場へ。どうやら私は並木の裏口から来たみたいです。
IMG_5458.JPG

Colemanのアウトドア用品で客席が構成されたシャレ乙なカフェでした。
IMG_5459.JPG

もうすぐ夕飯だけど、甘いものは別腹。
IMG_5460.JPG

メタセコイア並木の由来。裏口は空いてたけど、表玄関は写真を撮る人でごった返してました。
IMG_5461.JPG

さて、本日のお宿は、琵琶湖畔の「ホテル&リゾーツ 長浜 −DAIWA ROYAL HOTEL−」。
これ書きながら今気が付いたけど、能登で泊まったホテルと同系列ですね。偶然です。
IMG_5462.JPG

バイクは軒下に停めさせていただきました。今日は天気がいいので関係ないですが、屋根があるところに停めさせてもらえる配慮のある宿はありがたいです。
IMG_5463.JPG

部屋の窓からは琵琶湖が一望できます。デカい。海みたい。
IMG_5465.JPG

隣にはヨットがいっぱい。
IMG_5468.JPG

空き部屋が多かったのか、部屋をグレードアップしてもらえて角部屋になりました。窓が2面。眺望も最高。
IMG_5469.JPG

さて、お楽しみの夕食です。1日目、2日目の宿は食事なしプランだったので、今回の旅の食事のメインイベントですね。
IMG_5470.JPG

何はなくとも、まずはコレ。
IMG_5471.JPG

先付「湖魚の子附」、前菜「湖国の彩り六品盛り」
IMG_5472.JPG

椀物「焼鯖にゅうめん」
IMG_5473.JPG

お造り盛り合わせ。
IMG_5474.JPG

合鴨ロース煮。
IMG_5475.JPG

近江牛塩麴焼き。
IMG_5476.JPG

すじ海老と野菜のかき揚げ。
IMG_5477.JPG

諸子南蛮漬け。
IMG_5478.JPG

蜆汁とご飯。
IMG_5479.JPG

デザート。ご馳走様でした。
IMG_5480.JPG

琵琶湖の夜景。疲れたので早く寝るとしましょう。
IMG_5481.JPG
posted by でっぷー at 22:00| Comment(0) | バイク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: