2022年10月11日

北海道・東北弾丸ツーリング(最終日)

最終日、朝。予定より45分ほど遅れて八戸港に到着。ただいま5時半です。
わざわざ八戸から帰ることにしたのは、2022BikeJINラリーミッションのひとつ、奥入瀬渓流に寄るためです。
ちなみに、昨晩のフェリーはかなり上下に揺れてました(とりあえず寝れましたが)。行きの新日本海フェリーもそうでしたが、揺れによる軋み音を除けば航行中の騒音は無く、地上のホテルのようで快適でした。東京〜九州を結ぶ東九フェリーはエンジン音がゴンゴンと四六時中船室に響いてかなりうるさいですが、そういうところも船によって随分と違うものです。
IMG_6241.JPG

新日本海フェリーの表記は到着時刻=ほぼ下船時刻で良心的、と2日目のブログに書きましたが、シルバーフェリーは違いました。バイクは一番最後の下船で、徒歩客も含めてほぼすべてのお客さんが下船するまで待たされ、かつ今回の旅ではバイクは私一人だったせいか、船内の清掃が始まる中、ほぼ放置プレイ状態で、最終的に係の人が声をかけてくれたのは、八戸港に到着後、約1時間後のことでした。
IMG_6242.JPG

全ての車が下りて空っぽになってます。バイク置き場が一番奥にあるこの船の構造上、バイクが一番最後になるのは仕方ないのかもしれませんね。この辺は各社のフェリーの設計によって差が出るのかもしれません。
IMG_6243.JPG

何にしても、無事に八戸に上陸。北海道にいるうちはフェリーが欠航したら帰れませんが、本州に戻って来さえすれば後は走ってればそのうち帰宅できるので安心です。
ところで、とりあえず青空が見えてますが、いつも簡単に前言撤回するYahoo!天気予報はもとより、昨晩まで傘マークゼロで一日中お日様が並んでいたWeatherNewsまでもが雨雲レーダーで雨が降ると言っているので、念の為今日は使うはずではなかったレインウェアを着こんでのスタートになりました。
IMG_6244.JPG

まったく、何で今日も雨が降るんだ、聞いてねーぞ、と思いつつ奥入瀬渓流に向かって走っていると、なんと虹が。最初は部分的だったけど、道の駅「奥入瀬」の駐車場に入って写真を撮っているうちにどんどんクッキリしてきて見事に橋が架かりました。これなら雨予報でも許す!
IMG_6250.JPG

そして、2022BikeJINラリー帳、ミッションNo.9/16「奥入瀬渓流」に到着。渓流沿いの道は全面ウェットで濡れ落ち葉もいっぱいでしたが、前2輪のNIKENは特に不安を感じることもなく普通のペースで走ることが出来ました。この滝は「銚子大滝」です。
IMG_6253.JPG

いったん、奥入瀬渓流を走り抜けて十和田湖へ。奥入瀬渓流・十和田湖は過去に一回だけ来たことがあって、その時は紅葉が素晴らしかったのですが、今回はちょっと時期が早かったかな? 風が強くて湖面が荒れてます。
IMG_6254.JPG

そうそう、十和田湖巡りの高速遊覧船に乗ったのはこの桟橋からだったかな。隠れキリシタンの遺したキリスト像とか見たな・・・
IMG_6255.JPG

来るときの奥入瀬渓流は、撮影スポットの下見的な感じで走ってきたので、目星をつけた場所で写真を撮るためにもう一回奥入瀬渓流に戻りました。
IMG_6256.JPG

「阿修羅の流れ」と呼ばれるスポット。前回来たときは、ガイドさんを頼んで渓流をずっと散策し、とても珍しい岩魚の産卵シーンに遭遇したりなど、思い出深い旅になりましたが、その時はこうやってバイクで来ることになるなんで思ってもいませんでした。。
IMG_6258.JPG

何か名前があるかと思って写真を撮ったけど、あとで調べたら特に名はなさそうな滝。
IMG_6259.JPG

その後は、十和田湖畔から山を越えて十和田南ICから東北道に乗るルートを選択しましたが、まーずっと雨でした。宮城県の長者原SAまで来て、やっとこの先雨はもう降らない確信がもてそうだったので、ここでやっとレインウェアを収納しました。濡れたレインウェアを着たまんまだと、おいそれとお店に入って休憩もできませんからね。
IMG_6261.JPG

せっかく仙台近くに来たので、ネギタン塩らーめんを食べました。ん−旨かった。
IMG_6260.JPG

さて、今回の旅の最後の寄り道地点に到着。もう完全に晴れてます。
IMG_6262.JPG

2022BikeJINラリー帳ミッションNo.13/16「日本一の○○」。日本一ならどこを選んでもいいのですが、Youtubeのチャンネル「あおたび!」で紹介されていた動画を見てこの場所を知り、ここに来ようと決めていました。
IMG_6263.JPG

日本一低い山、日和山。一時期、大阪の天保山に日本一の座を譲っていたそうですが、311の津波で奇しくも標高が低くなり、再び日本一の座に返り咲いたのだそうです。何とも言えないエピソードですね。
IMG_6264.JPG

堤防を越えた先には干潟が広がっていました。お天気もよく、のどかな光景に見えますが、311の被害を考えると胸が痛みます。
IMG_6265.JPG

これが日和山です。ちゃんと登山口もあって、色々な看板が立っています。
IMG_6266.JPG

クマが出没するんかい!(笑)
IMG_6267.JPG

登頂証明書がもらえる高砂市民センターは今日は休館日のようで、残念。
IMG_6268.JPG

その後は、ナビは常磐道で帰る道を案内してましたが、常磐道はきっと東京近くで渋滞するので、東北道に戻って帰る道を選択し、あとはひた走り。那須高原SAにて給油休憩。
IMG_6269.JPG

小腹が空いたので、何を食べようか迷いつつ、ひょうたん揚げを選びました。かまぼこの周りはアメリカンドッグの衣と同じ味でした。鮎の塩焼きにすればよかった。
IMG_6270.JPG

途中、空が真っ赤に燃えるような夕焼けになり、どこかで写真を撮りたいと思いつつなかなか止まるところがなくて、都賀西方PAに駆け込みましたが、木が邪魔で思ったようなアングルが得られませんでした。空の赤さもこんなもんじゃなかった。ホントはもっと凄かったのに、残念。
IMG_6271.JPG

というわけで、無事帰宅することができました。最終日の行程は以下の通り。4日間の総走行距離2,198km。
一日の走行距離では8月に記録した四国松山〜東京の850km/日よりも今日の方が短いですが、何か今日の方が遠く感じました。
20221011.png

ちなみに、今回の旅の宗谷岬以降のルートは、2020年のSSTRがコロナ影響なく計画通りに実施されていたら走ろうと思っていたルートに近しいのですが、結構ハードでしたね。もし2020年と同じルール(北海道や九州からの特別スタートルール)が今後のSSTRで適用されたらチャレンジしたいと考えていましたが、シルバーフェリーの下船のタイムロスとか、もろもろ教訓もあったので、もし将来チャレンジする機会があるならルートはよくよく考えなおした方がよさそうだと感じました。
posted by でっぷー at 22:00| Comment(0) | バイク

2022年10月10日

北海道・東北弾丸ツーリング(3日目)

3日目の朝。朝食バイキングは種類はそれほど多くなかったですが、とりあえずあるものは片っ端からとってしまう習性が・・・
IMG_6217.jpg

まだ道北はかろうじて雨は降ってきてはいないものの、今日の北海道各地は終日雨予報。場所によってはかなりの降水量と風が予想されています。
IMG_6218.JPG

苫小牧〜八戸のフェリーも、朝の便は欠航です。私が乗る便(21:15)は遅延はあるものの今のところ運航予定ですが、大丈夫だろうか・・・
IMG_6219.PNG

早く出発し過ぎると、道南の最も雨の強い時間帯にぶつかりそうな気配もあったので、とりあえずチェックアウトの10時ギリギリまで宿で待機したのちスタート。この時点で枝幸町近辺も雨がパラついてきました。
IMG_6220.JPG

場所は飛んで、道央道の砂川SA。もう途中はずっと雨で、グローブのレインカバーも防水スプレーをかけたのに全く効果なくビショビショ、ブーツも防水のはずがどこから水が浸入したのやら普通に運動靴で川にハマったかのようにビショビショになって、エライこっちゃです。
IMG_6222.JPG

何とか、初日の朝にも寄った輪厚PAまで来ました。このペースで走るとフェリー乗り場にはだいぶ早く着いてしまいますが、この雨では特に途中で観光もできず、交通事情も何が起きるかわからないので、早めにフェリー乗り場に入ってしまうことにします。
IMG_6223.JPG

・・・ということで、15時半くらいに苫小牧のフェリー乗り場に到着。早過ぎて、係員も誰もいません。他のバイクの姿もなく、看板を頼りに八戸行きのバイク乗り場と思しき場所の先頭に駐車。
IMG_6225.JPG

どうやらシルバープリンセスは予定通り出航しそうですが、乗船受付は18時開始の模様。う〜ん、ヒマだ。
IMG_6226.JPG

こっちは入港時間ですね。シルバープリンセスは欠航と書いてありますが、八戸からくる便が欠航で、船自体はどっか別の場所で待機してて夜の便の出航のためには入港するようです。
IMG_6227.JPG

とりあえずお腹が空いたので、早めの夕飯。隣の人が食べてるのが美味しそうだったので、あんかけかた焼きそばにしました。小樽名物らしい。
IMG_6228.JPG

お土産屋さんをうろちょろしたりiPhoneで雑誌を読んだりしつつ時間をつぶしているうち、だいぶ暗くなってきました。ちょっと甘いものが食べたくなったので、白い恋人ソフトをつまみました。昨年、函館でも食べたな。
IMG_6229.JPG

なんと、八戸行きに乗るバイクは私だけみたい。バイクは他にも何台か見かけましたが、みんな定番の大洗行きに乗って行っちゃいました。
IMG_6230.JPG

やっと船が入ってきました。バイクの乗船は19時40分くらいになりそうとのこと。
IMG_6231.JPG

雨の中、乗船準備で待機中。なんか時折「プギャー!」と奇声が聞こえるので何かと思ったら、豚の輸送トラックでした。匂いもかなりのものでした。
IMG_6232.JPG

ポツンと一台きり。荒天でかなりの揺れが想定されるので、万が一倒れても文句は言わない旨の同意書にサインさせられましたが、しっかり拘束されているので、さすがに転覆でもしない限り倒れることはないでしょう。
係の人も、「倒れたというのは聞いたことない」と言ってました。
IMG_6236.JPG

7時間半くらいしか乗らない航路ですが、明日は東京まで自走で帰ることもあり、ゆっくり休みたいので、特等室を取っちゃいました。まぁ、特等といっても数千円しか違わないしね。
IMG_6237.JPG

特等室の魅力は、お風呂つきなこと。結構しっかりしたお風呂です。
IMG_6239.JPG

やっと濡れたウェアを着替えて部屋でくつろぐことができます。夕飯は乗船する前に食べたけど、乗船時に運転するため飲酒できなかったので、びしょびしょになったブーツをドライヤーで乾かしつつ、待望のビールタイムです。ちなみに、船内レストランはなく、東九フェリーと同じように冷凍食品の自販機と飲食スペースが備えられていますが、コロナのせいか飲酒は自室のみの制限付きでした。
IMG_6240.JPG

今日は一日中雨だったので、どこにも寄らず、最短ルートでの移動でした。350kmの雨中走行、無事でヨカッタ。ちなみに、道中、見かけたバイクは道央道ですれ違ったスクーター1台と、フェリー乗り場に着いた後に大洗行きに乗ろうとしているのを見た数台のみ。他はまったく見かけませんでした。WeatherNewsによれば、明日の十和田市は一日中晴れマーク。期待が高まります。
20221010.png
posted by でっぷー at 22:00| Comment(0) | バイク

2022年10月09日

北海道・東北弾丸ツーリング(2日目)

定刻通りに小樽港に到着しました。運航スケジュール上は午前4時30分に到着、ということになっていますが、実際はほぼ下船時刻が4時30分です(公表されている到着時刻から実際に下船できるまでにさらに時間を要するケースもあることを考えると、この点、新日本海フェリーの表記方法はかなり良心的だと思います。てか、思い出せば東九フェリーもそうでした。これが普通なのかな)。このため、3時過ぎには下船準備のための船内アナウンスがあります。昨晩早めに寝て正解でした。
IMG_6120.JPG

外はまだ真っ暗。昨年の8月に来たときは同じ到着時刻でも明るくなりかけていたので、季節によって随分違うものです。
IMG_6121.JPG

すぐに高速に乗って最初の目的地に向かう途中、道央道の輪厚PA(わっつ。What's(笑) )で小休憩。だいぶ明るくなってきました。
IMG_6122.JPG

そして最初の目的地、2022BikeJINラリー帳、ミッションNo.10/16「ポロトの森」。
ナビを合わせた場所がポロトの森キャンプ場で、ポロト湖畔から1km以上、狭くて荒れたクネクネ道(いちおう舗装路)を奥に入っていくのですが、早朝で誰もおらず、各所に「ヒグマ出没注意」の看板があってマジでビビりながらの走行でした。途中で散歩する人を見かけてホッとしました。
キャンプ場の管理棟にはキャンプに来たらしきバイクが3台。私はヒグマ出没注意の場所でキャンプする勇気はないな〜。他にも車がたくさん停まっていたので、キャンプをしている人達は結構いそうでした。早朝撤収の人と3人くらいすれ違って朝の挨拶を交わしました。
IMG_6124.JPG

ミッションクリア証明用の写真をどこで撮ろうかと思案しましたが、キャンプ場はさらに奥だし、ヒグマに怯えながら歩くのも嫌なので、ラリー帳を再確認したら、ポロト湖で撮ればいいことがわかりました。なんだ、怖い思いしてこんなに奥まで来る必要なかったじゃん。ということでポロト湖畔に戻って良さげな場所を見つけて撮影タイム。朝日がまぶしいです。
IMG_6125.JPG

その後はしばらく下道を走って、岩見沢ICから道央道に戻り、道北を目指します。途中、岩見沢SAで小休憩。
IMG_6127.JPG

日本海に出たら、一路、オロロンラインで北上。途中、道の駅「おびら鰊番屋」で休憩。懐かしのいすず117クーペが停まってました。
IMG_6128.JPG

小腹が空いたので、カレーパンで一時しのぎ。
IMG_6130.JPG

道の駅「おびら鰊番屋」の正面にあるモニュメント。うーん、いい天気だ。
IMG_6131.JPG

苫前町のシンボル、『とままえだベアー』。夜は目が光るのかな。
IMG_6132.JPG

走行中に虫アタックを食らって、メットのシールドのど真ん中に正体不明の黄色い残骸がべっとり付いてしまったので、拭うために道の駅「☆ロマン街道しょさんべつ」に緊急ピットイン。温泉があるみたいです。
IMG_6133.JPG

何やら楽しそうなカートコースらしきものもありました。
IMG_6134.JPG

さて、BikeJINラリーのミッション地点ではありませんが、今回の旅の重要な立ち寄り地点が近づいてきました。オトンルイ風力発電所。雲一つなくくっきり見える利尻島との2ショットです。
IMG_6136.JPG

発電所正面の駐車エリアから見た利尻島。
IMG_6138.JPG

そして、オトンルイ風力発電所。これまで何度来たでしょうか。軽く10回以上は来ています。そんなオトンルイもいよいよ来春に建て替え工事が始まるのだとか。28基の発電機が3.1kmにわたって並ぶ姿も、たぶん今回のツーリングで見納めです。建て替え後は、一基あたりの発電効率が向上するため、本数がかなり減るのだそうです。形あるもの、いつかは無くなりますが、寂しいですね。
IMG_6139.JPG

ところで、南側からオトンルイに近づく途中、やけに発電機が多いな、とは思っていたのですが、やっぱり増えてる気がします。前回ここに来たのは4年くらい前ですが、その時はこんなに無かったはず。ちなみに赤丸がオトンルイですので。
北緯45°モニュメントで写真を撮ろうと思っていたのに、右に見える発電機の景色が気になって、気づいたらスルーしてしまっていました。
IMG_6140.JPG

定番の撮影スポット。天気もいいしせっかくなので撮っておきましょう。
IMG_6142.JPG

道道106号線。昔作ったHPの残骸ですが、こんな理由で私にとっての北海道の原風景になっています。
もう来ることはないのかな、と思った時期もありましたが、BikeJINの企画とでっぷー号のおかげで、再び来る気持ちになることができました。
IMG_6143.JPG

こうほねの家の石碑。ここも何度来たことか。水平線に見ゆるは礼文島。
IMG_6144.JPG

こうほねの家、全景。
IMG_6145.JPG

ノシャップ寒流水族館。ここもほんとに何度来たことか。たくさんの思い出が詰まった場所です。ゴマちゃんは元気かな。
IMG_6146.JPG

ノシャップ岬。絶好の夕日スポットです。お土産屋さんで道道106号Tシャツ(1枚もってます)の別バリエーションを買って帰ろうかと思ったら、Sサイズしか残ってませんでした。
IMG_6147.JPG

宗谷岬に向かう途中、四極踏破証明書をもらおうかなと思って稚内市役所の宗谷支所に寄ったら、普通にエゾシカが居ました。てか、ノシャップ岬から海沿いの抜け道を走ってる途中でも道のど真ん中に居たし。
以前から、稚内の街中は普通にエゾシカが歩いてますね。
四極踏破証明書は、休日は本庁でないともらえないみたいで閉まってました。仕方ない、また次の機会に。
IMG_6148.JPG

そして最北端、宗谷岬に到達。写真を撮る人で行列ができてました。
IMG_6149.JPG

もうそろそろ夕方ですが、今日は約11時間、走りっぱなし。
IMG_6150.JPG

宗谷丘陵の周氷河地形。風力発電機がたくさん。
IMG_6151.JPG

道の駅「さるふつ公園」にて。だいぶ日が傾いてきました。次に向かうBikeJINラリー帳ミッション地点は、夕日が沈む時刻にあわせて訪れたかったので、ちょうどいい感じです。
IMG_6152.JPG

放牧されてる馬か牛かと思ったら、エゾシカの群れでした。
IMG_6153.JPG

そして、本日の最後の目的地、2022BikeJINラリー帳ミッションNo.2/16「エサヌカ線」に到達。
北海道はそれこそ何十回も訪れていますが、意外にもここに来たのは初めてです。この季節は夕日の沈む角度が写真の方角でしたが、季節によってはエサヌカ線がまっすぐ延びる方角に日が沈むかも。そういう季節に来てみたいです。
IMG_6154.JPG

素晴らしく広大な風景ですが、こんなところでも「クマ出没注意」の看板がいくつかありました。
IMG_6155.JPG

そして、本日の宿、枝幸町のホテルニュー幸林に到着。エサヌカ線で夕日を見てから宿入りしても夕食に間に合いそうな場所にある温泉宿、ということで選択しましたが、それでもエサヌカ線からはそこそこ距離がありました。
IMG_6209.JPG

他にはバイクの客はおらず、テント下に停めさせてもらえました。
IMG_6207.JPG

宿入りしてようやく一息つけました。いやー、丸一日走った走った。
IMG_6210.JPG

チェックインが遅かったので、お風呂の前に夕食。結局カレーパン1個しか食べてないので腹ペコです。
IMG_6211.jpg

ほどよく疲れた身体に、生ビールに美味しい食事。至福の時間。
IMG_6212.JPG

ジンギスカンと鮭の味噌漬け。
IMG_6213.JPG

揚げ物二種。
IMG_6214.JPG

ご飯は帆立の漬け丼。
IMG_6215.JPG

デザート。ご馳走様でした。
IMG_6216.JPG

本日の走行ルート。一日いい天気で最高でした。明日は荒天の予報ですが、目的の場所は今日のうちに全部回り切って、明日は単なる移動日なので問題なし。まぁ、晴れてくれた方がいいけどね。
20221009.png
posted by でっぷー at 22:00| Comment(0) | バイク